大塚国際美術館

大塚国際美術館へ行って来ました。 以前から行きたかったのですが、なかなかチャンスが無くって・・・。 朝6時過ぎに家を出て車で徳島へ、8時45分に着きました。

大塚国際美術館 大塚国際美術館 大塚国際美術館

朝9時からオープンなので入場券を買って丁度でした。
(淡路島のパーキングでの割り引き券の方が、ローソンで予約するより安いですよ!)

なにせ、作品が全て陶器でできているのですが、数が多くて 殆ど見たと思いますが、7時間くらいかかりました。

感動したのは、全てが実物大で 陶器のように見えないところです。

「システィナ礼拝堂」(ローマのバチカン市国にある)は 実物は色んな国の人達でごった返していて中はやかましくて 薄暗くて 荘厳な雰囲気はあったのですが 細かい所は良く見えなかったけど ここはよりはっきり見えて良かったです。

スペインのマドリードにあるピカソの『ゲルニカ』は実物よりここの展示のほうが広くて見やすくて分かり易くて感じがよかったですね。

ただ、フェルメールの『青いターバンの少女』(西洋画の女性の中で最も美人だそうです。)は実物の方がはるかにキレイでした。 だってその青は宝石「ラピスラズリ」を細かく砕いたものだそうですから・・・・・。

とにかく今まで見た絵画の実物の記憶と比べるのも面白いし、見たことも無い絵画もいっぱいありました。 美術館10館ぶんくらいあるんじゃないですか。

もし機会があれば行ってみるのもいいと思います。

2011.8.17.

前の記事

再び串本へ

次の記事

富士Q