歯科医院にも「お薬手帳」を持ってきていただけると、とても助かります。

歯科の治療は患者さんが想像している以上に持病やその持病の治療薬の影響を受けます。

例えば血液をサラサラにするお薬を飲まれている方がそのことを黙って抜歯をしてしまうと

出血が止まらずに大ごとになってしまいます。

また、骨粗鬆症の方が抜歯を行うとまれに顎骨壊死などの合併症を引き起こすことがあり、

重症化の恐れがあります。

抗生剤や痛み止めなどを処方する場合やアレルギーなどがないかの確認も必要となります。

治療を安全に行うためには服用されているお薬について、できるだけ正確な情報が必要なのです。

1/29 t.a