ワクチン接種と口腔外科手術の時期

現在、3回目のワクチン接種を受けられる方もいらっしゃると思いますが、日本口腔外科学会の見解としては、

① 抜歯などの局所麻酔での手術を行った場合、抜歯後1週間以上経過してからワクチンを接種する事が望ましい。(抜歯時に縫合を行った場合は、抜糸後1週間経過してからの接種が望ましい。)

② ワクチン接種後は、3日以上経過して副反応が軽度であれば抜歯などを行うことが可能。

と、されています。

当院の待合室にも貼ってますので、気になる方はご相談くださいね❕

4/22          t.a