歯が黒いけど虫歯じゃない~サホライドって知っている?~

他人の子供の歯を見てみると、歯が黒くなっている子を見たことがある人もいるのではないでしょうか?
実はこれ、虫歯じゃない可能性があります。
今回はこの歯が黒くなる原因となるサホライドについてお話しします。

歯ブラシと歯磨き粉

歯が黒くなるサホライドってなに?

サホライドは、初期の虫歯の進行を遅らせ、歯の再石灰化を促すものです。
サホライドの主成分はフッ化ジアミン銀という薬です。
初期の虫歯の進行を抑制する時に使用します。そのため、ある程度虫歯が急激に進行してしまっている虫歯の場合には効果はありません。
また、効果には個人差があります。

サホライドを塗布することでのメリット

お子さんの場合、歯を削ることを怖がるお子さんもいるかと思います。しかし、サホライド塗布は歯を削らずに虫歯の進行を抑えるので、治療への恐怖心も少しは和らぎます。
一度歯医者さんでトラウマになってしまうと、なかなか次に歯医者さんへ行けなかったり、大人になっても歯医者=怖いというイメージが残ってしまい、歯が痛くても歯医者さんに行かずに手遅れになってしまうということもあります。

サホライドを塗布することでのデメリット

サホライドを塗布すると歯に銀が沈着し歯が黒く変色します。そのため、見た目は虫歯のように真っ黒になってしまいます。
最近では、審美性を重視するために前歯にサホライドを使用することは減りましたが、臼歯など目立たない部分では現在も使われています。

サホライドが歯茎についてしまったら?

サホライドを塗布している時に歯茎に付着してしまったら、水や生理食塩水で直ちに洗い流します。
皮膚などについてしまった場合も、石鹸などできれいに洗い流します。
それでも残ってしまった場合は、新陳代謝で少しずつ消えていきますので様子を見てください。
サホライドは虫歯の進行を抑制する薬ですが、その後の定期検診が重要になります。
サホライドを塗っていてもしっかり歯磨きができていないとまたそこから虫歯が進行してしまうこともあります。

仕上げ磨きをしっかりと!

お子さんだけに歯磨きをおまかせしてしまうと、磨き残しがあることが多いです。
そのため、しっかりとお子さんが磨いた後に仕上げ磨きを行ってあげてください。
また、歯磨き剤はフッ素入りのものを選ぶと良いでしょう。

前の記事

玄関のお花

次の記事

new歯ブラシ