歯科治療をする前に~お薬のことを聞かせてください~

虫歯や歯周病で歯に痛みがある場合は歯科医院へ受診しますよね。

歯科医院に受診する際に、みなさんの飲んでいるお薬や持病などを教えていただくと非常に助かります。ではそれはどうしてでしょうか。

今回は歯科治療をする前に教えていただきたいことをお話します。

お薬手帳

持病がある場合は必ず教えてください

高血圧や心臓病、糖尿病、ぜんそくなど何か持病がある場合は必ず歯科医師に伝えていただくか、問診票に記入してください。

女性の方は妊娠しているかどうかなどもかならず伝えてください

血液がサラサラになるお薬を飲んでいる

抗血栓薬という血液がサラサラになるお薬を飲んでいる場合は必ず歯科医師に伝えてください。

抜歯などをする際に、知らずに抜歯をしてしまうと、いつまでも出血が止まらないということが起こる場合があります。

また、抜歯をするからと言って自己判断でお薬を中止するのもやめてください。急にお薬を中止すると、脳梗塞や心筋梗塞などの危険性があります。

糖尿病のお薬を飲んでいる場合

糖尿病のお薬を飲んでいる場合は、歯科治療前にもしっかりとお薬を飲んできてください。

また、低血糖発作などを起こした時のために、糖分が多い食べ物やジュースを持参していただくと良いかと思います。

また、抜歯などをした後食事ができない場合にお薬を飲むと血糖値が下がりすぎてしまう場合がありますので、かかりつけ医と相談しながら治療しましょう。

骨粗鬆症のお薬を飲んでいる場合

ビスフォスフォネートや抗RANKLモノクローナル抗体などの骨粗鬆症のお薬は骨を強くする作用があります。これらのお薬を服用の方で抜歯やインプラントなどの外科的処置を行うと、副作用として顎の骨が壊死してしまうことがあります。

また、歯周病などの細菌感染などがあると壊死のリスクが上がると言われています。

そのためこのお薬を飲んでいる場合は必ず歯科医師に伝えてください。

歯科治療が苦手な方

歯科治療に恐怖心がある方、苦手な方も歯科医師にご相談ください。

歯科治療に恐怖心がある場合は、鎮静法を使いながら治療することも可能です。恐怖心があるのに無理に治療を進めてしまい気分が悪くなってしまうと大変です。恥ずかしいことではないのでしっかりと歯科医師に伝えましょう。

歯科治療をするにあたり伝えてほしいこと

歯科治療をする上で患者様の飲んでいるお薬や持病、麻酔で具合が悪くなったことがないかなど教えていただけると、患者さんにとってもより良い治療ができますのでぜひご協力いただけたらと思います。

前の記事

玄関の花❁

次の記事

ひな祭り❀